1月 292011
 

昨年、日本社会を象徴するような「無縁社会」ということばが登場し、それを実感させるような出来事もたくさんありました。ITの普及で国境を超えたコミュニケーションははるかに楽な時代になりました。また、携帯電話やメール、twitterなどの普及で、人と人との繋がり方も変わってきているのかもしれませんが、私たちの周りで、国籍や世代を超えて、人と人とが出会う場は実はそれほど多くありません。「希望の種を探そう」は「そんな場を持ちたい!」という留学生の欲求から生まれました。
今回の「希望の種」では、そのことを実感してきた高校生に話題を提供してもらい、多くの人との出会いのなかから対話を生み出していきたいと思います。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。

◆日時:2011年1月29日(土)14:00~16:30
◆会場:エンパブリック根津スタジオ

↑ 会場がいつもの飯田橋の事務所ではありませんのでご注意ください!!
◆住所:東京都文京区弥生2-12-3 3階    tel:03-6303-3195
アクセス:東京メトロ 千代田線 根津駅1番出口から徒歩1分、南北線 東大前から徒歩8分
マップ:http://nez-studio.jp/access/

◆内容(予定):

<1部> 話題提供
「日本のNPOでインターンをして学んだこと、考えたこと」

東京韓国学校高等部に通うキム・キョンナム君とファン・ミナさんは2010年3月から日本希望製作所の高校生インターンとして、さまざまなイベントに参加したり、通訳・翻訳などで日韓の架け橋の役割をしてきました。活動を通じてのたくさんの大人との出会いは刺激的で、人生観を変えたとのこと!(キョンナム談)
東京韓国学校は、駐在員の子どもたちや在日の子ども達が通っています。そして、日本と韓国、二つの文化がクロスするなかで、またその狭間で、いろいろなことを感じ、考え、悩んでいます。キョンナム君やミナさんがインターンをしながら、社会について、人との出会いについて、学んだこと、考えたことについて話してもらいます。

<2部>
グループディスカッション「社会と繋がること、人と繋がることって?」

高校生コンビに話題を提供してもらい、改めて、いまの社会で「人が繋がるということ」「社会と繋がるということ」について考えてみたいと思います。

◆参加費:社会人1,000円/学生500円 (お茶菓子込み)
◆プログラム終了後、懇親会があります。(参加費は別途になります)

★申し込み:こちらの申し込みフォームからお申込みください。
日本希望製作所イベント申し込みフォーム