1月 212011
 

2011年1月12日、韓国の希望製作所は、公務員や公共リーダーたちの海外研修を専門的に企画し行うための旅行社「公共」を設立し、その創立式と記念セミナーをソウル平倉洞本社で開催しました。

これから代表理事として旅行社「公共」を率いて行くユン・ソクイン希望製作所副所長は、「各自治体の政策ニーズに適した海外の現場を紹介し、公共リーダー達が海外の経験をまなび研究して、政策づくりに繋がる研修プログラムを提供していきます」と創立式でその抱負を述べました。

希望製作所は2007年から地方自治体長、地方議会議員、自治体の公務員たちを対象に、コミュニティビジネスと公共デザインをテーマにイギリスや日本で視察を何度か行っていますが、旅行社の設立をきっかけに、より充実した内容の視察を本格的に行っていく予定です。

初仕事として、今年3月に昨年6.2地方選挙で当選した民選5期の市長・郡首・区庁長50名が希望製作所と一緒に作った「牧民官クラブ」の会員が参加する日本「コミュニティビジネス(地域活性化)」研修を行う予定です。