8月 312010
 

第11回日韓交流会「希望の種を探そう」
★ 言葉の壁を乗壁り越えるコミュニケーション・ワークショップ!★

 共催:日本希望製作所/コモン・グランド・プロジェクト

お互いを「理解」することにおいて言葉はとても重要です。しかし、逆に言葉が障害物になり、コミュニケーションができなかったり、壁を感じたりした経験はありませんか? 今回の「希望の種を探そう」では、「言葉の壁を乗り越えた」交流という新しい視点から考え、その力を皆さんと一緒に感じる場をつくりたいと考えています。

講師は、及部克人(およべ・かつひと)さん。
人と人が言葉を超えてわかりあうことを目指すワークショップの第一人者です。及部さんのワークショップは、からだや絵をつかって相互理解を進めるとっても面白い体験です!

第9回と第10回での「多文化」を「言葉」を用いて意見を交換したのとは異なる交流の形を、ぜひ体感してください!
もちろん、初めての方も大歓迎ですので、ぜひぜひご参加ください!!

■ 当日の参加費は、韓国の麗水(ヨス)の子供たちの来日ツアーの支援に活用されます。ぜひ、希望の種に参加して、韓国の恵まれない子供たちが日本を訪問し、演奏や学びを得る機会の拡大に協力してください。

■ コモン・グランド・プロジェクトは、留学生と地域社会の交流を促進することを目的とした試行プロジェクトです。

■ 当日、イベント開始30分前(13:30~)、日本希望製作所の活動を紹介する説明会を開催します。日本希望製作所がどんな活動をしているか、どんな風に一緒に新しい日韓交流をつくっていけるかに関心ある方、ぜひご参加ください。

★日 時:9月11日(土)14:00~17:00(イベントの後、懇親会もありますよ!!)

★場 所:NPO法人 日本希望製作所事務所
 千代田区飯田橋1-8-9 ニューシティハイツ飯田橋401
 Tel/Fax:03-6272-6041

★内 容(予定)言葉の壁を乗り越えるコミュニケーション・ワークショップ!
1)参加者が協力して一番長い輪をつくる!
2)ちょっと違う似顔絵を描いてみる!
3)自分たちにとっての「東京」をつくる!
― 講師:及部克人(およべ・かつひと/武蔵野美術大学名誉教授)

※プログラムは参加人数、参加者によって、変更する場合もありますので、予めご了承下さい。

ワークショップの後、参加者で多文化社会について話し合います。
また、懇親会も予定しています。

★講師:及部克人さん(武蔵野美術大学名誉教授、日本希望製作所理事)
及部さんは、子ども・障害者・年長者など、多様な人々とのワークショップ「造形による対話」を大学や美術館などの生涯学習
施設や自主的な地域活動において展開してきました。コミュニケーションを促すワークショップの国内の第一人者の方です。5月に行われた「日本希望製作所のNPO法人化記念イベント」では、韓国の美大生とのワークショップや、韓国の脱北者の子どもたちのためのワークショップを紹介して、アートや表現を通したコラボレーションの可能性と力についてお話し下さいました。

★参加費 社会人1,500円/学生1,000円
(ワークショップに使われる材料費と簡単なお菓子代込みです。懇親会は別途になります。)

★申し込み hopemaker@mail.kibounotane.org までメールでご連絡下さい。
(한국어로 신청 가능합니다^^* )
件名:9/11申し込み
名前:
携帯連絡先: