11月 272011
 

欧米では、自治体の予算編成過程に市民が様々な形で参加する取り組みが
広がっています。

韓国では、地方自治への市民参加の広がりの中で、住民が予算編成過程に
参加する「住民参与予算制」が、「地方財政法」のなかで2005年8月に法的に
整備されていましたが、今年(2011年)9月から、自治体に義務付けられること
になりました。

今回のセミナーでは、韓国の地方自治と市民参加の状況、特に「住民参与予算制」
がどのようなものなのか、またどのように広がっているのかについて、
洪萬杓(ホン・マンピョ)さんにお話いただきます。

洪萬杓さんは日本に留学し、博士号を取得されたのち、韓国の自治体「忠清南道」
の国際チーム長として、海外との交流事業に取り組んでおられます。

日韓の事情に精通している洪萬杓さんから、現在のホットな状況のお話を聞く
貴重な機会です。

また、朴元淳ソウル市長当選の韓国国内での捉えられかた、また地方都市への影響など
についてもお話いただく予定です。

お誘い合わせのうえ、ぜひご参加下さい!

※講演はすべて日本語で行われます。

※昨年の韓国統一地方選挙の動向、韓国の地方自治制度の説明について、
 ウェブ記事を掲載しています。ご参考にご覧下さい。
 http://kibounotane.org/?p=1468

【日時】11月5日(土)13:30~16:00

【会場】日本希望製作所事務所
【map】 http://bit.ly/hopemaker_map
  千代田区飯田橋1-8-9 ニューシティハイツ飯田橋401
  Tel/Fax:03-6272-6041

【参加費】 社会人1,000円/学生500円

【講師】 洪萬杓(ホン・マンピョ) 忠清南道国際専門チーム長

【講師プロフィール】
 地域政策学博士。東京学芸大学教育学研究科(単位履修退学)。
 大阪商業大学大学院修了。大阪商業大学比較地域研究所、
 忠清南道東アジアチーム長、中国日本チーム長、日本チーム長を歴任し、
 2011年1月から現職。
 明治大学研究・知財戦略機構市民ガバナンス研究所研究推進員として、
 「地方政府における市民参加型意思決定の国際比較研究をとおした
 市民自治ガバナンス形成への提言」プロジェクトに参加するなど、
 日韓の事情に精通した研究者として活躍。

★申し込み:hopemaker@kibounotane.org までメールでご連絡下さい。
 ・件名:11/5申し込み
 ・名前:
 ・所属:
 ・携帯連絡先:
 ・参加動機・関心事など: