2月 282013
 

韓国の行政安全部(日本の総務省に該当する)等が主催する、2013年の「韓国地方行政の達人」が発表され、一昨年Hopemakers’Seminarで、「韓国地方自治と市民参加 ― 韓国の『住民参与予算制』を中心に 」というテーマでお話下さった洪萬杓(ホン・マンピョ)さんが受賞されました。

この賞は、望ましい公職社会を作ることを目的として、行政安全部が創設したもので、今年で3回目となります。卓抜した業務熟練度とアイデアにより、情熱と能力を発揮して、国家と地域社会に特別な寄与を行った公務員を、分野ごとに選定し、全国の地方公務員30万人のなかから約30人を選定するものです。

忠清南道国際専門チーム長の洪萬杓さんは、文化観光分野の「達人」として、百済文化祭を国際的な文化として成功させたことなど、長年の功績が高く評価され、今回の受賞にいたりました。また、洪さんは、17年間の日本の生活で培ったネットワークをもとに、NPO法人NPO法人 東アジア隣人ネットワーク(本部:東京)の共同代表も務め、日韓の交流に大きく寄与しています。

洪萬杓さん、おめでとうございました!