12月 072010
 

「美しい店」は、2002年に美しい財団の傘下に設立され、「誰かには必要はなくても誰かには必要である」というコンセプトで運営され、現在では、 韓国全土に106店舗を展開し、年間10億円以上の売りあげ、韓国に「リサイクル文化」を定着させた社会的企業。韓国の社会的企業育成法の認定第一号のう ちの一つ。
市民からの寄贈してもらいそれを販売することを通じて、かつてはあった「分かち合い」の文化を現代に再生することを目指している。

主な事業
* リサイクル文化の拡大:リユース文化のインフラ構築・リサイクルキャンペーンの展開
* 分かち合いと寄付文化の拡大:収益金の社会への還元
* ボランティア文化を育てる:地域に関心を向け、地域での生活の中でのボランティアに参加する機会を提供
* フェアトレード運動:コーヒーの販売を通じて、「善意ある消費」運動を普及
* リメイク品の製作:中古品→新たな価値を付加した商品へ

「エコパーティ・メアリ」(メアリは韓国語で「こだま」の意味)は、「美しい店」の一部署で、寄贈されたもののうちでも販売できないものをリメイク し、オシャレなグッズとして生まれ変らせて販売している。そのセンスのあるグッズは、ニューヨーク現代美術館でも販売されている。
韓国語ホームページ: http://www.beautifulstore.org/